海外留学を目指す商社マンのブログ

2018年に新卒入社した商社マンが夢を目指すブログです。

現在の英語の勉強法②

皆さん、こんばんは!

もうすぐ三連休が終わってしまいますね!

今週からかなり忙しくなってしまいそうで少し憂鬱な気分と少し業務がうまく進んでいるので楽しみでもあります。

今週来週と出張があり、なかなかうまく仕事が進められなさそうなので、今回の三連休はメールのチェックと契約書の熟読という日々を送っておりました。

(日曜日は同期とご飯食べに行ったり、遊びに行ったりとストレス発散はしました!笑)

筋トレもできるだけ行おうとしておりますが、最近は平日になかなか行けず筋肉の成長にも陰りが見えてきており、しっかりとモチベーションを戻さなければと考えております。

 

さて、本題から少しずれてしまいましたが、最近の英語の勉強法を今日は紹介したいと思います。

前回お話していた今の英語のリスニングの勉強法について公開したいと思います。

大分前の記事でも書いたと覚えていますが、こんなに遅くなってしまいました。。。

ごめんなさい。

私は以下のサイトで勉強しています。

www.rarejob.com

一日一本150~200文字くらいで今世界で起きている話題について英語で書かれており、音源も付いています。

新規の単語も毎回5語ずつ解説されており、日々の勉強にはピッタリかと思っています。(もちろん飲み会等あるので毎日出来ているわけではありません。)

 

私の勉強法としては

まず新単語をしっかりと呼んで理解する。(もし理解できない時はそれを辞書で調べて、英語の説明がどういう意味なのか理解する。)

その後、まず文を一通り読む。(スピードは人それぞれかと思いますが、こんな事言ってるなぁってぐらいの認識でいいかとも思います。)

その際発音の仕方が分からない単語があれば、それは調べておきましょう。

その後は5周程、音源を聞いてみます。(できる人はこの時点でオーバーラッピングで。)

※オーバーラッピングが分からない方は以下の記事を参考ください。

 

tokyo-workout.hatenablog.com

 

オーバーラッピングが出来る様になったら、次にシャドウィングですね。

もうあとはシャドウィングを繰り返して出来る様になるだけです。

※ちなみにシャドウィングの方法も上の記事に書いてあります。

 

最近はこれしか出来てません。

その為、どのくらい進歩しているかは疑問ではありますが。。。

 

前回の記事でも言った様に今は会社で英語を使う機会が本当に多いです。

特にシンガポールの方やイギリスの方と話をする際はなかなか聞き取れないことが多く、日々ストレスを感じていますが、一番大事なことは英語をそのまま理解することだと思います。

 

一度聞き取った分でこの単語どんな意味だっけと考え始めたら、その間にどんどん話は進んでしまうので、その様にならないようにも学んだ英単語が英語のまま入ってくるようにシャドウィングの練習は必須だと感じています。

また半年後、一年後にはメインの仕事も任せられるようにもなってくると思いますので、その時に恥をかかないように少しずつでも勉強を重ねていきたいと思います。

 

またしっかりと成果をだしてここに報告できればと思います。

 

ところで話は大きく変わりますが、最近もまた海外ドラマも見始めました。

今までたくさん見てきましたので、これについてもまたゆっくり紹介できればとも思います。

ちなみに一番のおすすめは「バーンノーティス」ですかね。

CIAで働いていた主人公に突然「バーンノーティス(解雇通知)」が出されます。それも相当な上層部の策略であると察知し、主人公がいろいろな人間に追われながらも真相解明に向けて戦っていくドラマです。私はこのド派手なアクションや解説チックなドラマの流れが本当に好きで、今まで三周は見たほどです。笑

 

またゆっくりご紹介出来たらと思っておりますので、その際は宜しくお願いします。

それではまた。

なにかコメント等あればして頂けると嬉しい限りです。


ついに明日で10月。。。

みなさん、こんばんは! 

最近全く更新できていません。ごめんなさい。

実はそんなに忙しいわけではなく、仕事自体もそんなに濃いものではありません。

しかし、最近は前回書いた7月の段階よりは大分回りが見えるようにもなってきており、仕事も少しずつ覚えられてきていると感じております。

 

なぜかあれほどやる気を出していた6ヶ月前と比べ、モチベーションは低下してきています。

残業が多いわけでもないのになぜなのかと思ってたんですが、やっぱり飲み会が多いからですかね。。。(それが好きな人もいると思いますが、私には割とストレスです)

総合商社に入りたいと思っている方、もちろん部署によって全然違うので何とも言えませんが、聞く限りではいまだに飲み会が多い所はたくさんあります。

商社業界はやはり人のつながりがすべてなので、会食や社内でも飲み会がたくさんありますし、体育会系気質は残っています。

 

業界的な嫌なことについても語ってしまったので、ついでに私にとっていい所も挙げていきたいと思います。

総合商社は関連業界が多岐にわたりすぎている為、同部署の同期が非常に少ないです。(関わりが少なくなりすぎてしまう事にもなりますが。)

そのため、メーカーなどとは違い、同期内でもほんとに違った環境の事をいろいろと知ることが出来ます。

また、やはり給料はいいです。(1年目の今は非常に少ないですが、3年目の先輩の話などを聞くと驚きます。)

 

総合的に考えても、私は今はこの会社に入ってよかったと思います。

仕事の進め方、文章の書き方、そしてなによりも今日本ではかなり評価の高い会社の肩書と、今後の社会でやっていくうえで必要な事は得る事が出来ているのではないかと思います。

まだまだ、自分のやりたい事がわからないという状況が続いており、先に何をやっていこうかは決まっていませんが、とりあえずまた未来に向けた努力を始めていきたいと思います。(今度はしっかりと。)

 

10月から進めていく事

・筋力トレーニング(ベンチプレス110KGまで行きましたが、最近は行けておらず、100KGまで落ちてしまいました。)

来年三月迄の130KGを目指して、まずは10月中に110KGを目指すために頑張ろうと思います。

 

・会計の勉強

現在簿記は3級を持っていますが、今年度中に2級をとれるよう勉強を開始していきたいと思います。

 

・英語の勉強

最近も英語の勉強をしていますが、なかなか上達を感じません。

実はかなり今でも英語を多く使う部署に配属され、日々勉強をしなければならない道に追い込まれています。

TOFEL100点なんて現在は夢のまた夢で少しずつでいいので、進めていきたいと思います。

まずはTOEIC900点。リスニングは単語とシャドウィングに絞って勉強し、リーディングは読まなければならない英文契約書が大量にある為、それらを読むことで勉強をしていこうと思います。

 

・副業の勉強

今の時代サラリーマンでは一生をお金に苦労せずに終わることなど無理でしょう。

月に安定した収入を得られる特技を作ることがまず第一だと思います。

今はITスキルや株など様々なものが副業候補としてネットにも本の中にも落ちていますので、勉強を重ね行こうと思います。

 

今日は非常に長い文となってしまいました。

ここまで読んでいただいた方は有難う御座いました。

また会いましょう。

何もしなくても時間は過ぎていきますが、その時間をどう過ごすかで人生は大きく変わります。(これは自分への言葉です。笑)

それではまた。

 

ついに七月になってしまいました。

みなさん、こんばんわ!

最近日曜日の夜は少し憂鬱な気分になってしまう、社会人一年目です。笑

あれだけ、早く社会人になりたいと思っていた私ですが、社会人になると皆さんが言っていた意味がよくわかりました。笑

まだまだ、仕事がつらいと思ってはいませんが、寝過ごしても、自分の気持ちで休むこともよかった大学時代との差を感じております。

もう19卒の方は内定が出て、就職が待ち遠しい方もいると思いますが、しっかりと今を楽しんでおいてください!お金は後から稼げますから、少しお金を借りてでも今しかできないことを存分に楽しむことをお勧めします。

 

さて、ついに七月になってしまいましたね。入社は4月2日だったので明日で丸三か月がたったということになります。

三か月もたちますが、まだまだ分からない事ばかりで、自分の無力さを感じることも多いですが、日々学ぶことが多く、一週間がものすごく早く過ぎていきます。

今日も大したお話ができるわけではありませんが、就職して自分がこんなにもできてなかったと思う点が何個かあったので今日はそれをシェアしていきたいと思います。

 

同じディメンションではなく、恐縮ですが大きく分けて以下の四点です。

・言葉遣い(主に敬語の使い方など)

・メールの文面の書き方(上と同様にも感じられるかもしれませんが、今でもここが一番難しいです。)

ExcelやWordなどのOffice能力

・体調管理

 

一年目はまずは仕事については基礎を叩き込むことが仕事ですので、そこまで高い能力は求められません。

しかし、上の四つは初めからできる人とできない人で差がついてくるのではないかと感じています。(四つ目はできる、できないとは少し違う気もしますが)

 

上司や取引先の人と話すときの少しの時間をとってもどういえばいいのかわからない、または今まで普通だと思っていたことが違っていたりとここがかなり難しいです。

「お疲れ様です」という言葉が失礼に当たるとは知りませんでした。

どうしても学生言葉がぬけず、丁寧言葉になっていない時がありました。

今までの癖で今でもやってしまうことがあるので、学生のうちから矯正しておくと最初にいい評価を得られるかもしれません。

ちなみに初めて上司とご飯を食べに行った時、上司が私に思ったことは、あいつあほっぽいしゃべり方だけどだいじょうぶかなぁ、、だったそうです。笑

 

メールの文面については、メールでしか使わない言葉もたくさんあることは知っているかと思いますが、この使い方が本当に難しい。

メールの文面一つで損をするのはもったいないので、しっかり勉強しておけるといいですね。

 

私は理系院生ですが、そこまでExcelなどを使ってきたわけではないですので、少し苦労をしております。

パワーポイントやWordなどはメインが魅せることや文書の作成など限られているのですぐ習得できるかと思いますが、Excelは非常に用途が非常に多岐にわたっておりますので、少しでも習得しておくと後が楽です。

人がつくったExcelデータを元データをどの様に処理して作っているのかを理解できれば、それだけで大きく違うと思います。

 

最後に一番大事な体調管理。

学生時代は飲み会であれば、次の日を休みにしたり、その代わりに土日にやったりといろいろできたと思いますが、それができないのが社会人です。

明日までの仕事が溜まっていく中で、会食に行かなければならない事があったり、突然別の仕事を頼まれたりと。

学生と違ってそれをしなければ、会社に迷惑がかかる中でプレッシャーがかかるときもあると思います。(もちろん私には今はそんな大層なプレッシャーはかかっていませんが。笑)

私はすでに二回ほど熱で体調を崩しました。

結局次の日には治り、会社を休むことには至っていませんが、同期では風邪を引き、休んでしまってる人もいます。

体調が悪くなると仕事にも集中できないし、モチベーションも大きく下がるので、体調管理がしっかりできるとまた一つランクアップできるのかなと思いました。

 

これらを完ぺきにできるだけでも大きく周りと差をつけてスタートできるんではないでしょうか。

少しでも感じる事があった人は是非、今のうちにやってみる事をお勧めします。

それでは今日はこの辺で。

次回は3か月で感じた、社会人に一番大事だと思う事は?というタイトルで書きたいと思います!

就職して三か月、、、

皆さん、こんばんわ。

就職して三か月が経とうとしています。

更新が3か月以上滞ってしまい、大変申し訳ありません。

 

入って三か月は仕事に慣れるために、いろいろと悩んでいたり、思うように自分の時間が取れず、なかなか更新できませんでした。

ようやく目の前の与えられた仕事に対して、対処できるようにもなってきており、こうして夜に余裕を持てるようになりました。

もちろん、与えられている仕事は先輩方に比べて、非常に少なく、簡単な事ばかりですが、最近は結構悩んだりもしていました。

大学時代までは自分はマルチタスクをこなせるタイプだと思っていたりと、いろいろ自信があった部分もありましたが、ほとんど打ち砕かれました。笑

まだ、初めてやる仕事ばかりというのもありますが、こんなにも仕事が進まないんだなと改めて実感しております。

 

英語の勉強もほとんどやれてなく、いろいろ進んでいません。。。

筋トレはたまに行けておりますが、満足のいくようなトレーニングスケジュールは組めていません。。。

改めてもっと時間に対して、シビアになって効率的に動かなくてはいけないなと日々感じております。

 

配属された場所についても、自分が想像していた場所とは全く違い、今でもたまに何でここに配属されたんだろうかと思うことがあります。笑

しかし、非常に速いスピードで仕事を行っている周りの先輩方を見ると、自分に足りてない必要なものが手に入る場所ではないかと最近は感じております。

一日も早く、部の一員として活躍できるように、日々精進していきたいと感じております。

一か月チャレンジなど報告しなければならない事も様々ありますが、それらは後日ゆっくり書いていきたいと思います。

ここまで更新が開いてしまい、すみませんでした。

 

 

筋トレ、仕事、英語の勉強、そして留学とやりたい事に向かうことが最近はできていない日々ですが、少しずつ自分のペースでやっていきたいと思っておりますので、今後もよろしくお願い致します。

それでは、今日はこの辺で。

 

筋トレで人生が変わった話

みなさん、こんにちは!

 

今日からしばらく温かくなっていくみたいですね。

まだ一歩も外に出ていないので、今日はこの記事を書き終わったらジムに向かいたいと思います。

以前から、筋トレが趣味と書いていましたが、一度も記事を出したことが無かったため、今日は簡単に書いていきたいと思います。

 

私は現在筋トレ歴3年になります。

といっても途中でやめたりしていた期間もあったので、完全に3年間行ってきたわけではありません。(なのでまだまだ重量は低いです。)

しかし、私は筋トレを行ったことで人生が変わったので、このブログを読んでくれてる皆さんで体にコンプレックスを持っている方はぜひやることをお勧めします。

 

ちなみに私は大学入学当初体重は60kgないくらいですが今現在は78㎏まで増えています。

私がなぜ筋トレを始めたのかという理由については、いろんな理由が重なったからというのもありますが、一番は本が理由です。

 

以前、大学時代に本をたくさん読んでいたという話をしたと思います。

その詳しい話はこちらの記事を読んでいただけたらと思います。

 

tokyo-workout.hatenablog.com

 

ある一冊の本から、本を読むことで自分の人生は大きく変えられると思い、本を読むことに没頭していた時期がありました。

その中の一冊にタイトルは覚えていませんが、筋トレは「目標達成能力」を鍛えるために一番良いことであると書いてありました。

 

目標達成能力とは、その名の通り目標を定め、それに向かって努力をし、その目標を達成するための力です。

簡単言えば、自分を信じて継続させ続ける力の事でしょうか。

 

そのように書いてあり、もともとがりがりでコンプレックスの塊だった私は少し筋トレに興味が出てきました。

そして、バイト先の先輩に筋トレ大好きなマッチョの人がおり、その人と一緒に行ったのが、最初のきっかけになります。

 

ちなみに初めて行ったベンチプレスは35kgが2回しかあがらないほど、筋力なかったです。笑

それが今ではMAX100kgとほんとに大きく変わりました。

(修論と就活のせいなのか、2017年でMAXが5kgしか伸びなかったです。笑)

 

それまで恥ずかしくて半袖が切れず、夏でも長袖ばかりを着ていたのが、いつの間にか半袖1枚で外に出られるようになり、あまりはかないですが、短パンも履けるようになりました。

また、なによりもそれによって短髪の髪形も似合うようになりましたし、コミュニケーション能力も大きく付いたと思います。

筋トレが無ければ、今回の就職活動がうまくいったことも以前TOEICの勉強が続いたこともすべてなかったと思うくらい、自分にとっては大きな変化でした。

 

また、就活のネタとして筋トレの話は自分からはしませんでしたが、よく体育会と間違えられました。笑

声も大きい方だったため、何も言ってなくてもそのように捉えてくれた面接官や人事の方もいたんじゃないかと思います。

 

ちなみに大学卒業時のプレゼントで後輩たちからもらった本を以下に載せます。笑

筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?

筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?

 

 このようにいろんな場面でネタにもなります。笑

 

今年の追いコンでもらったプレゼントも筋トレ関連でした。

私は研究ではそんな優秀な学生ではなかったと思います。

しかし、あんな筋トレバカがいたなぁと先生たちの片隅にでも残っていればいいなと思っています。

 

話はずれてしまいましたが、自分の体に自信を持つことは想像以上に効果があることです。

もし、今体を変えたいと思っていても、一歩を踏み出すことができていない方は一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

頑張れば頑張った分だけ、早く実感できるのが筋トレだと思います。

かならず人生がいい方向に変わることをお約束できると思います。

 

長いようで短い人生、後悔しないためにも今少し無理をして何かに取り組んだ方が良い方向につながると思います。

今日はこれからジムに行ってきます!

それでは、また

 

きのうのTOEIC、そしてMBA留学に向けて

皆さん、こんばんは!

今日は遅めの更新です。

いろいろとやることがたまっており、それをようやく片付け終わりました。

 

いきなりですが昨日のTOEIC、本当にできませんでした。

やっぱりさぼってしまったのが響いたのとそれ用の対策を一切やっていなかったので、集中力が続きませんでしたね。

それと、もう一つ、当日時計を忘れてしまいました。。。

しかも教室には時計がない状態。。。

時間配分が分からず、結局Readingの10問解けませんでした。

1月あれだけ頑張って勉強していたのに、ここまで成果を示せず最悪な結果です。

勝手な推測ですがリスニングはPart2以外はかなり手ごたえがあったので、また800点前後という感じでしょうか。

900点を超えようという気持ちで臨んでいたのに散々な結果で大変申し訳ありません。

しかし、今回の気持ちをもってまた努力を続けていきたいと思います。

 

先日、MBA留学についていろいろ調べていたところ、TOEFLの勉強法はTOEFLの公式問題集をやるのが一番良いということで途中からこちらにシフトして勉強をしておりました。

結局ここまではすべてが中途半端な感じなので何とも言えない感じですが

使い始めた参考書は以下のものです。

 

Official TOEFL iBT® Tests Volume 2 (Official Toefl iBT Tests)

Official TOEFL iBT® Tests Volume 2 (Official Toefl iBT Tests)

 

 いろいろな参考書にぶれてきましたが、今後はこの公式問題集と英単語3800と公式ガイドの3つを使って一年間勉強していきたいとも思います。

 

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

 
The Official Guide to the TOEFL Test with DVD-ROM, Fifth Edition

The Official Guide to the TOEFL Test with DVD-ROM, Fifth Edition

 

 果たしてちゃんと留学できるのか、あきらめるのか、または自分にそれ以上に必要なものが見つかってやめるのかはわかりませんが、結論が出るまでは勉強をしっかり続けて、英語能力を引き上げていきたいと思います。

 

また、留学には5~6年の実務経験があることが望ましい事や推薦状が2通必要なことからも留学するのは5~6年後になると思いますので、それまでしっかりと実力をつけていけたらなと思います。

 

また、現在私が目指すのは社費留学であり、私費留学では目指していません。

その理由は、私費留学ということは会社を辞めるということになると思いますが、そこまでMBAというものは必要なこととは現在自分では思えないからです。

会社内で上に上がっていくためには、社内での実績およびMBAの資格というのは大きく価値があると思います。

しかし、それ以外の道を考えたとき、例えば、企業などを考えた際は、MBA知識よりまず軌道に乗せていく事が一番大事なのではないでしょうか。

この考えもまた変わっていくかとは思いますが今はこのように考えています。

 

また、今現在は会社を辞めることも考えていませんし(まだ入ってもいないですが笑)、仕事に対してしっかりと成果を残すことを大前提でやっていきたいと思います。

 

4月から初めて仕事というものに従事して、どこまで勉強に割く時間があるかわかりませんが、しっかりと努力は継続していきたいと思います!

 

今日はここまでで

それでは、また。

就職活動 ~⑦~ 6月面接2

みなさん、おはようございます。

結局昨日は更新できませんでした、ごめんなさい。

そして本日はTOEICです。

はい、勉強量は最近ガクッと減ってしまったのでどこまで取れるかわかりませんが、頑張っていきたいとおもいます。

学生最後のTOEIC、せめて最高点を更新して終わりたいものですね。

Readingがしっかりと最後まで解ききることができれば、まず間違いなく最高点を更新できると思います。

頑張ります。

 

 

さて、そんなTOEIC受験を三時間後に控えた今日ですが、今日は就職活動最後の章を書いていきたいと思います。

最近は更新の順序がばらばらで本当に申し訳ありません。

カテゴリーでくくってあるので、もし興味のある方は就活カテゴリーから見ていただければ幸いです。

前回は6月1日の面接についてお話ししました。

詳しい話はこちらをご覧ください。

 

tokyo-workout.hatenablog.com

 どこまで書いたか、覚えていませんが、私は6月1日の時点で内定を2ついただきました。

もうその時点でやめようと思っていたのですが、先輩から最後までやりきってから決めた方がいいんじゃないという意見を頂いて、最後まで続けることとしました。

 

残っていたのは2社で、話を聞くところによるとあと1社は最終面接を残すのみ、もう1社は3回面接があるとのこと。

面接の内容を詳しく話すとどこか特定できてしまうと思いますので、ここは少しぼかしていきたいと思います。

 

まず、3回の面接がある会社の方。

ざっとまとめちゃいますが、すべての面接がほんとに普通な感じでした。

オーソドックスな質問にたまに深く掘られる部分があったりとした感じです。

特に意地悪な質問もなく、非常に面接の間は穏やかな感じでした。

また、面接中に相手社員の笑顔が見えるとほっとしますよね?笑

1日に受けたある企業とは違い、ものすごく手ごたえがある面接ばかりでした。

終始面接というより、OB訪問などで話している雑談のような感じ。

 

最終面接も部長から本部長クラスでしたが最後に大きく笑ってもらい、ほんとに雰囲気のいい会社だなと思いました。

私はこの時点で、初めて内定をもらった会社より、こちらに気持ちが動いていたような気がします。

面接後の人事面談も非常にいい形で終わり、この会社に入りたいと思えるようになっていました。

 

2つ目の会社は1次で十分な手応えを感じていたこと、そして既に内定を頂いていたことから、いつもよりフランクな形で面接に臨んでみようと考えました。

もちろん、ふざけた話し方はしませんが、途中少し笑いを取りに行ってみたり、真剣さの中でそういう要素を入れられる人間を演じてみようとしてみました。

これが就職活動最後の面接と結果的にはなったわけですが、最初からもう受かったと思えるほど、すごい手応えでした。

正直、行く気はあまりなかった会社でしたが、最終面接でかなり評価が上がった会社でもありました。

 

結果的に、両方の会社から内々定を頂くことができ、私の就活は終了しました。

どこの会社に行ったのかは、皆さんの想像にお任せしますが、最後まで就活を続けて思ったことは、第一志望群の会社に内々定を頂いても必ず最後まで続けた方がいいということです。

面接に進む前や就活が始まったばかりの時にパンフレットなどで調べたり、OB訪問などで人に会うことで、その会社を判断していると思いますが、面接は最後まで続けた方がよいです。

面接でしかわからない会社の対応、雰囲気などさまざまな事が分かります。

今内定を持っている会社より本当にマッチした会社があるかもしれません。

 

私はこの時点で就職活動をやめても、後悔しないというほど結論に悩み、判断をしたのでいまでも後悔はないですが、もし6月の段階でも後悔があるなら、絶対に続けた方がよいです。

最悪の場合、就職留年も視野に入れて、最後までやり切った方がいいと思います。

私の場合はすべてダメだったら、来年もう一回受けなおせばいいやという気持ちをもてたことも面接中に余裕を持てた一つの要因だったのかもしれません、

 

就活中にどこからか聞こえてきたこんな言葉がありました。

「入ってから違うと思ったら、その時からやり直せば、遅いなんてことはない。」

確かにその通りでもありますが、今が1番時間があって、選択肢も広いのに就職先について徹底的に悩んで判断できないやつが今後もやれるとは思えません。

それは決断を先延ばしにして、楽しようとしているだけです。

私も普段はやることを先に延ばしがちな人間でもありますが、今回頑張ってみて、いろいろな経験をしてきて、今やることが一番成長につながると考えられるようになりました。

(そんなこと言っても、英語の勉強ができなくなったりはします。笑)

 

資格の勉強やトレーニングなども内々定後の方が、活動的になったと思います。

皆さんも就活への対策は早めに、そして真剣に悩んでみると必ず答えが見えてくると思います。

応援していますので頑張ってください!

 

それでは今日はこんなところで失礼します。

それでは、また。